>  > 自分のやる気が最高潮

自分のやる気が最高潮

風俗は自分のやる気が最高潮に達した時にこそ利用するようにしていますね。それが何よりというか、自分にとって一番のような気がするんですよ。性欲の問題だけはいろいろと難しい部分もあると思うんですけど、風俗に行くのであれば後悔したくないですし、何より自分が利用して「良かった!」と思いたいじゃないですか。中途半端な気持ちで行って「やっぱり行かなければよかった」と思うのが自分としては一番勿体ないと思うので、風俗には自分の気持ちが最高潮に達した時に行くよう考えていますね。そのくらいの方が実際問題、自分のテンションも前のめりというか、それこそ抑えきれない衝動と共に楽しみたいとさえ思うので、結果、満足感が高まるような気がするんですよ。他のシチュエーションだとなかなかそういった気持ちにはなりませんけど、風俗であればそんな気持ちにさせられるんです。それって実際の所、かなり貴重なものだと思うので自分自身はそう心がけています。

求めたものを持っていた

Fちゃんのお世話になってきました。彼女は三度目くらいですかね。彼女の良い所はお客の求めに応じたテクニックを持っている風俗嬢な点です。きっと相当なポテンシャルを持っているんだろうなと。何をリクエストしても全てに於いて応えてくれるだけの実力を持っているんです。だからこそ彼女を指名したくなるし、それに彼女はこちらのこともすぐに覚えてくれていたんですよ。二度目に指名した時には前回のプレイまで覚えていたし、どんなプレイが好きだったのかとかちょっとした無駄話の部分まで鮮明に覚えてくれている女の子だったんですよね。それだけで彼女を指名した甲斐があったんじゃないかなって思うんですよ。そこに本当に感動させられましたし、だからこそついつい指名してしまうんですよね。風俗では女の子には「自分のために頑張ってもらいたい」と思っているんですけど、彼女は自分が求めているそれを何よりも忠実にこなしてくれる女の子だなって思います。

[ 2016-12-26 ]

カテゴリ: 風俗体験談